弓道具商翠山-kyudo suizan-は、suizan雅を通して日本武道である弓道を美しく、優雅に伝える弓道具専門店です。

suizan雅

お買上げ金額8,640円以上で送料無料:全国送料648円【一部地域のぞく】

 
 
色:赤・Red
色:黒・Black
色:紫・Purple
色:茶・Brown
 
 
弓道用石突
本来、石突とは、刀や槍の刃と逆の先端部分は“石突き”と呼び、武具の柄部分の保護するものを指して呼ばれている、槍などを地面に突き立てたりする事もあったことから、“石突き”と呼ばれる。弓道具においては、弓・矢筒が地面に接する場所の保護用として用いられており、歴史上としての石を突くという言葉の由来からは、少し離れています。  弓道具においては、弓具の保護用として使われることから、革製品で石突が作られており、あくまで、弓・矢筒の汚れ・傷防止用であります。
 
鹿革
  日本武道であります弓道では、鹿革製の革を用いります。 近年、さまざまな革で作られた石突きも売られておりますが、日本武道に用いられる、革 は、鹿革がもっとも好ましく、素材の特徴上、しなやかさと堅牢性、又、柔軟性を持ち、抜群の吸水性があります。剣道の道具もほとんどが鹿革で作られており、革の特性を考えると、もっとも適している革であるといえます。
 
鹿革について
鹿革はいくつものすばらしい特性を兼ね備えており、牛革と比較すると鹿革を弓道で用いられてきた理由が下記の利点であります。
■軽い
■水に強い
■通気性に優れている
■老化しにくい
■柔らかくなじみやすい
鹿革の柔らかな肌触りは人肌に最も近いといわれ、上記の通り、使い込むほど手になじみ、牛革よりも軽く、水に強く、摩擦に強く、通気性があり、何年経っても老化しにくい素材であるがゆえに、武道具では幅広く用いられており、もちろん弓道具としても幅広く使われております。
 
小桜
桜は平安時代に貴族たちに愛用され始めました。桜の花の華やかな美しさとともに、散り際の潔さが日本人の美意識と結びつき様々な桜模様が考案されました。その中でも五弁の花びらをシンプルに表した小桜模様は「花は桜木」の気風を尊ぶ武士たちに好まれ、甲冑などに多用されました。庶民の間で用いられる様になったのは江戸時代に入ってからと言われています。弓道具の柄として、男女問わず人気の柄であります。  
 
製品名   石突小桜
型 番   10403-1
 

【メール便可】弓道具 弓具 小桜柄 石突鹿革製

価格: ¥540 (税込)
型番: 10403-1
数量:
色/Color.在庫購入
赤色10枚
黒色9枚
紫色17枚
茶色12枚

返品・交換についての詳細はこちら

星1つ 星1つ 星1つ 星1つ 星1つ 5.0 (1件)

商品仕様

製品名: 弓 YUMI 弓道用 弓具 弓道具 弓具 石突鹿革小桜 
型番: 10403-1

【詳細】
厚み:1.0mm~1.5mm程度
サイズ:高さ13cm×幅6cm程度(製品により多少の誤差があります。)
色展開:黒・紫・茶・赤
素材:本体:鹿革 紐:鹿革

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

お問合せはTEL/FAX/MAIL
で受け付けております。
営業日:月~金曜日
【10:00~18:00】
営業日:土曜日
【10:00~17:00】
日・祝 定休日

ページトップへ