弓道具商翠山-kyudo suizan-は、suizan雅を通して日本武道である弓道を美しく、優雅に伝える弓道具専門店です。

suizan雅

お買上げ金額8,640円以上で送料無料:全国送料648円【一部地域のぞく】

 
 
色:紺
色:赤
色:黒
 
 
弓道・弓巻
 弓道の弓に巻きつける。布製のものを弓巻と呼びます。 弓を弓袋に入れたのち、弓巻で巻くということが正式であり、弓の保護・汚れ防止・乾燥防止等、弓を保護する目的として使用します。素材は、吸水性の高い綿製がもっとも好ましいとされており、竹弓等をお使いの場合は、右近袋+弓巻で保護しておくと良い状態で保管できます。
 
弓道具 人気和柄 ”とんぼ”
 「蜻蛉」は別名「勝虫」と言われる様に決して下がらず、真っ直ぐに飛ぶ様も武士の縁起かつぎとして愛されていた事から武道具に用いられることが多く、又、弓道の世界でも特に握り革の柄として、昔から愛用されてきた代表的な人気和柄の一つであります。
 トンボは「蜻蛉」(かげろうとも、あきつとも読む様です)とも「秋津虫」とも言われてきました。古くは弥生時代の銅鐸にも描かれており、平安時代にはその生命のはかなさを陽炎に例えられ「蜻蛉」と呼ばれる様になったと言われています。また日本書紀の中で神武天皇が大和の国を国見して「蜻蛉となめするがごとし」と言った神話から日本を「秋津島」「蜻蛉」と呼ぶ様になったと言われています。
 もうひとつは古事記から、雄略天皇が狩りに出掛けた際に腕に食いついたアブを蜻蛉が素早くくわえて飛び去ったので手柄をたてた蜻蛉の名をとって大和の国を「蜻蛉島」「秋津島」と呼ぶ様になったと言うものです。また俊敏に力強く空中を飛び回り、決して後ろ向きには飛ばないことから「勝ち虫」と呼ばれ、戦国武将に好まれた柄です。
 
弓巻の巻き方- 注意点
1.弓を回しながら。弓巻を弓に巻きつけていきます。
2.手順 1~3あたりはきつめに巻くようにしてください。
3.麻弦の場合などは、弦を外した弓に右近の弓袋に入れて、弦を巻きつけた上に弓巻を巻く(くすねの付着防止、竹弓の場合は、温度変化に対する弓への保護が目的)
4弦を張ったままの弓に弓巻を巻いて移動する際は、弦は、2本張っておく必要があります。

弓巻の巻き方
1.先端の袋状になっている部分を末弭に引っ掛ける。
※最初に弓巻は、裏地を表にして丸く巻いておくと巻きやすいです。
2.関板あたりで一巻きする。
3.姫反り部分で一巻きし、本弭まで巻いて行く
4.本弭まで巻いた時点で10~20cm程度余る。
5.余った部分を半分に折る。
6.折った余りを本弭に巻き付ける。
7.後端の紐を巻き付け、紐の残りを通す。
8.巻き終わり。

 
suizan雅がおすすめする理由
 特に竹弓をお使いの方は、弓巻をお使いください。 弓の保護は、もちろんですが、吸水性・保温性が高くなりますので、急激な温度変化に対して効果があります。右近袋(弓袋)+弓巻にて保管、持ち運びされることをおすすめいたします。

-対応弓サイズ-
三寸詰(212cm)並寸(221cm)二寸伸(227cm)四寸伸(233cm)
 
製品名   弓道用 弓巻とんぼ柄
型 番   10511
 

弓具 弓用 弓巻とんぼ柄 【メール便可】

価格: ¥1,620 (税込)
型番: 10511
数量:
在庫購入
黒色Sold Out
紺色Sold Out
赤色5枚

返品・交換についての詳細はこちら

星1つ 星1つ 星1つ 星1つ 星1つ 5.0 (3件)

商品仕様

製品名: 弓道用 弓巻とんぼ柄
型番: 10511

【詳細】
幅:約13cm
全長:260cm  四寸伸(233cm)の弓まで対応しております。
色展開:黒・紺・赤
素材:綿100%

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

お問合せはTEL/FAX/MAIL
で受け付けております。
営業日:月~金曜日
【10:00~18:00】
営業日:土曜日
【10:00~17:00】
日・祝 定休日

ページトップへ