営業日14時までのご注文は即日発送 / 送料660円~ / お買い上げ金額8,800円以上で送料無料
  • グラス弓・カーボン弓
  • 弓師がつくる本格派の合成弓
  • ジェラルミン矢
  • カーボン矢
  • 弓がけ師翠山雅住 製造監修商品

当日配送




  •    


弓具 握り革 燻革 燻 握り革 並 【メール便可】

価格: ¥990 (税込)
型番: 10305
数量:
在庫: 37枚

返品・交換についての詳細はこちら

twitter

商品仕様

製品名: 弓具 握り革 燻革 燻 握り革 並 【メール便可】
型番: 10305

※天然素材ですので、細かい傷・シワ・厚みの不均等などございますのでご了承ください。



◆握り革について

日本武道であります弓道の弓の握り部分に巻く革として、鹿革製の革を用いります。 近年、さまざまな革で作られた握り革も売られておりますが、日本武道に用いられる、革 は、鹿革がもっとも好ましく、 素材の特徴上、しなやかさと堅牢性、又、柔軟性を持ち、抜群の吸水性があります。剣道の道具もほとんどが鹿革で作られており、 革の特性を考えると、もっとも適している革であるといえます。



◆鹿革について

鹿革はいくつものすばらしい特性を兼ね備えており、牛革と比較すると鹿革を弓道で用いられてきた理由が下記の利点であります。
■軽い ■水に強い ■通気性に優れている
■老化しにくい   ■柔らかくなじみやすい
 鹿革の柔らかな肌触りは人肌に最も近いといわれ、上記の通り、使い込むほど手になじみ 牛革よりも軽く、水に強く、摩擦に強く、通気性があり、何年経っても老化しにくい素材であるがゆえに、 武道具では幅広く用いられており、もちろん弓道具としても幅広く使われております。



◆握り革の巻き方

 1.弓の外竹側 籐の下ぐらいから右巻きに巻きます。
   ※弓の厚みや握り下の大きさにより長さが変わりますので仮巻きを行います。
 2.革をある程度引っ張りながら右巻に下に巻いていきます。
 3.握り下が隠れる程度まで巻き余った部分を裏返しにして切りを落とす部分に印をつけます。
 4.握り革の切り落とす部分をハサミで切り落とします。
 5.握り革に薄くボンドを塗ります。
 6.仮巻きで行ったように弓に握り革を巻いていきます。
 7.巻き終わり後、ヘラなどの固いもので革の繋ぎ目を圧着します。
 8.巻き終わり。

   ※詳しくは、当店のYouTubeに握り革の巻き方を動画にて公開しております。


【ご購入の際の注意事項】
※ブラウザ等の使用環境などにより、写真と比べまして、実際の商品と比較して色味が若干異なって見える場合もございます。
写真とイメージと違うなどの理由による返品・交換はお受けできません。
※商品開封後は、返品交換対象外となります。予めご了承ください。

【配送方法につきまして】
原則、ネコポス便にて配送手配をさせていただきます。
※複数点ご購入いただいた際は、梱包サイズにより宅配便へ変更される可能性がございます。予めご了承ください。


 

  • 2018最優秀デザイン賞受賞
  • お客様の声 商品到着後レビュー投稿で100ポイントプレゼント
  • 初めての弓道
  • SUIZAN雅式 弓道具の選び方
  • 新規会員登録
  • 会員の方限定 ランクアップ特典
  • international

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

お問合せはTEL/FAX/MAIL
で受け付けております。
営業時間:10:00~18:00 
定休日:木曜・日曜・祝日
夏季・冬季・GW ・棚卸休業

ページトップへ